「インプラント」のメリットの大きさを考えれば、デメリットは小さいもの。

メリットとデメリット

両隣りの健康な歯を削ることで、虫歯になる危険が大きくなるブリッジや、クラスプ(ばね)を掛けた歯の周りに汚れがたまりやすく、また、違和感もあり咀嚼効率が劣る部分入れ歯に比べ、インプラントは残っている歯の健康が守られ、自分の歯と同じようにものが食べられるということで、現在、最も機能的に優れている治療法だと考えられています。
また、審美性の高さにおいては、治療法として他と比較するまでもありません。歯の機能だけでなく、笑顔や若さも取り戻すことができるのです。

メリット

1. 違和感がない
入れ歯のような違和感がなく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができます。お口の中の悩みを解決し、高いQOL(生活の質)を確保できます。
2. 審美性が高い
インプラントは歯・歯肉全体・口元全体をトータルに診てより美しく治療するのが特徴です。本来のご自身の歯と変わらない審美性を取り戻すことができます。
3. よく噛める
インプラントは骨となじみがよく、骨の中にしっかりと固定されるためガタついたりすることがありません。咀嚼効率(ものを噛み砕く能力)が最も高く、天然歯の約80%と言われています。
4. 歯槽骨の吸収を妨げる
歯槽骨は、基本的に歯を支えるための骨です。歯を失うと歯槽骨は、支えるという仕事がなくなるため吸収されやすくなります。インプラントは天然の歯と同じように歯槽骨の中に埋入され、咀嚼する度に咬合力がインプラントを介して直接歯槽骨に伝わるため、吸収を防ぐことができます。
5. 周りの歯への影響がない
ブリッジや義歯(入れ歯)のように周りの歯に依存することがなく健康な歯を削る必要がありません。
6. 話しやすい
入れ歯では得られない『安定感』により、発音障害も解消できます。
7. 何度でも埋入可能
以前に埋入したものが使用困難になった場合、再度埋入することが可能です。
8. 若返り効果
歯槽骨の吸収を抑えしっかりとした骨格を作るので、顔立ちが若返って見えます。

デメリット

  1. 手術が必要であること。
  2. 骨の量が十分でない場合には、不可能な場合もあること。
  3. 安定した効果を提供するために、治療期間が長期に渡る。
  4. 歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、審美的回復が困難な場合もある。
  5. 治療後のメンテナンスが必要(定期検診や歯磨きなどがしっかりと出来ない人には不向き)
  6. 高額であること。当院の料金体系についてはこちらから

高額であることと、長い治療期間が必要であることが、最大のデメリットだと言えますが、歯の根を持つインプラントだからこそ、従来の治療法にはない、新しい永久歯が生えたような実感が体現できます。

沖野歯科医院では患者さまにインプラント治療が最も適切だと考えられる場合、その必要性をご説明し、正確な診査、診断のもと、患者さまに合った治療計画をご提案しています。
また、治療後も長期にわたり快適にご使用いただけるよう定期検診や指導を実施しています。
当院の治療の流れについてはこちらから