乳歯、永久歯に続く第3の歯、「インプラント」の基礎知識。

インプラントとは

図:インプラント

インプラントとは人工歯根のことで、インプラント治療とは、歯根のかわりに人工歯根(チタン製の支柱)を埋め込み、その上に人工の歯を装着するという方法です。

インプラントは、顎の骨に埋め込むフィクスチャー(歯根部)、歯の部分にあたる上部構造(人工歯冠)、それらを連結するアバットメント(支台部)の3つの部分から構成されています。フィクスチャー(人工歯根)の素材には、体になじみが良いチタンが使用されています。

インプラントは、歯茎に義歯を乗せるだけの方法と異なり、人工歯根(フィクスチャー)を埋込むことで、歯の土台である歯根まで取り戻せることが特徴です。
また、従来法のブリッジのように、周りの健康な歯を削る必要がなく、負担をかけることもありません。

インプラントを装着した後は、痛みや違和感を伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。まるで自分の歯の様に自然に噛める為、乳歯、永久歯に続く「第3の歯」とも呼ばれ、高いQOL(生活の質)を実現する治療法として注目を浴びています。

1回法と2回法

インプラント治療には、手術を1度で済ませる方法「1回法」と、フィクスチャー(人工歯根)を埋め込む手術の後、骨とフィクスチャーの結合期間を設け、結合を確認した後、アバットメント(新しい歯の土台)を装着する手術を行う「2回法」があります。

沖野歯科医院では通常、身体への負担が少ない一回法にて治療を行います。
1回目の手術でインプラントを骨の中に埋入する際、インプラントの一部を歯肉から露出させ、インプラントが歯槽骨に生着する期間(1.5ヶ月〜3ヶ月)を経て上層部の形成に入ります。

※口腔内検査の結果により、1回法が不適切である場合は2回法で行います。(当院では患者さまの口腔内の状態に合わせた最適な治療法を選択いたします。)

1回法

1回法の治療のながれ

2回法

1回法の治療のながれ