ご存知ですか。インプラント治療費は医療費控除の対象です。

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や生計を共にする家族のために支払った医療費が、年間で10万円を超えた場合に適用され、税金が還付または軽減される制度のことです。

インプラントは、健康保険の対象外ですが、医療費控除の対象になっています。インプラントの治療費を支払った場合は通常、医療費控除の申請を行なうことで還付されます。

医療費控除の条件

  • 1) 本人または家族(生計をともにする配偶者やその他の親族)のために支払った医療費であること。
  • 2) その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。
  • 3) 医療費の領収証や支払いを証明するものを提示できること。
    ※インプラントの費用はもちろんのこと、対象期間中の医療費であれば、その他の歯の治療費、内科や外科での病気の治療費や、市販の風邪薬の代金、医療機関までの電車、バスの費用など公共の交通機関の料金も医療費控除の対象となるものがあります。
  • 4) 所得税を支払っていること。

医療費控除の計算

支払った医療費 − 保険等で補填される金額 − 10万円(又は所得金額の5%)
= 医療費控除額(200万円を限度)

その年1年間に支払った医療費の総額が所得金額の5%又は10万円を超えた場合には200万円を限度として医療費控除をすることができます。

還付金額早見表

課税所得額 税率 かかった医療費
15万円の場合
かかった医療費
30万円の場合
かかった医療費
100万円の場合
1,000円〜1,949,000円 5% 2,500円 10,000円 45.000円
1,950,000円〜3,299,000円 10% 5,000円 20,000円 90,000円
3,300,000円〜6,940,000円 20% 11,500円 40,000円 180,000円
6,950,000円〜8,999,000円 23% 10,000円 46,000円 207,000円
9,000,000円〜17,999,000円 33% 16,500円 66,000円 297,000円
18,000,000円〜 40% 20,000円 80,000円 360,000円

本人の医療費のほか家族分も対象となります。申告する人を、家庭の中で最も収入が多い人にすると還付額が大きくなります。

詳しくは、お住まいの地域の税務署にお問い合わせください。